ぺタルトーンエッセンスは、肉体的レベルから精神的レベルまで多方面のエネルギーの変容をサポートしてくれます。これらのエッセンスは、エネルギー・フィールド(オーラ)にエッセンスを溶け込まして使います。
※いずれも飲用しません。

ほとんどのペタルトーンエッセンスは、手のひらに数滴エッセンスを落とし、蒸発させてからオーラやチャクラにエッセンスのエネルギーを溶け込ませます。この独自の方法は、長年の研究や臨床によって最適な方法が開発されました。

 

またいくつかのエッセンスは、スプレーにして使用したり、ディフューザー等で周囲に拡散して建物を浄化することも出来ます。特別なエッセンスについては、床に直接、数滴エッセンスを落として使うものもあります。

各エッセンスは、表示されている所定の使い方を守ってお使いください。


◆エッセンス創始者デイビッド氏によるエッセンスの基本的な使い方◆

①エッセンスを片手に2~3滴たらし、両手をすりあわせるようにしてエッセンスを手のひらにつけます。

 

②エッセンスをつけた手を、肌から約15cm離してチャクラやオーラの位置に置き、その場で約20~30秒ほど手をとめます。

 

③しっかりエッセンスのエネルギーを感じてみてください。※全身のオーラに使う場合は体(オーラ)の上から下へオーラを手でなでおろしていくようにつけてください。


④エネルギーが強いと感じられる場合は、スプレーボトルなどに水を入れた状態で、その中に数滴エッセンスを入れて希釈してからお使いください。

※目や口に入らないよう、取扱いには十分にご注意ください。万が一、目や口に入った場合は、すぐに水で洗い流してください。

※エッセンスでスプレーを作る場合は、混ぜずに1種類ずつ別々に作ってください。

⑤エッセンスによっては、入浴の際に、数滴を湯船に入れてお使い頂くことも出来ます。※お風呂に向かないエッセンスもあります。詳しくは同HPの『エッセンスに関するQ&A』をご覧ください。

 

◆エッセンスを2本使う場合も、2本を混ぜずに、

1本1本別々にお使い下さい。
※その際に、その都度手を洗ったり、特別に時間を

置く必要はありません。

※アロマオイルやクリーム等に混ぜて使う場合は原則として1種類につき1つのエッセンスを混ぜてください。
※複数のエッセンスを混ぜると、深いレベルでの

エネルギーの混乱が生じる場合があります。



【スピリチュアルな免疫系】

スピリチュアルな免疫系は、身体の免疫系や内分泌系、また生体磁気の覆い、

つまりオーラと呼ばれるさまざまな波動エネルギーと連動して働いています。(クリスタル・プロテクションより抜粋)

【チャクラについて】

■チャクラとは、身体とオーラを発するサトルボディを結ぶエネルギー系の中継点です。
身体とサトルボディを通じて生命力(「プラーナ」または「気」と呼ばれます)を運び、

ホリスティックヒーリングの基本にもなっています。


■チャクラが詰まれば、見えないけれども存在するエネルギーであるサトルエネルギーの流れが悪くなり、

不調や不調和を引き起こす原因となります。

■解決したい特定の問題や悪意のある感情や精神状態、ポジティブやネガティブといった思考などがあるとき、

適切なエッセンスを適切なチャクラに使用することによって、さまざまな物事を好転させたりすることが

可能になります。

■ペタルトーンエッセンスは、これらのチャクラやオーラにエッセンスのエネルギーを溶け込ませて使うことで、

最も効果的にエッセンスのエネルギーを自らのエネルギーフィールド(オーラ)に取り込むことが出来ます。


◆生体磁気シース◆
オーラとエーテル体とチャクラとの連結ポイント


免責条項:
ペタルトーンエッセンスは、当社のエッセンスの誤った使用に対して一切の責任を負いません。
使用法は常に守られることが前提となっています。
独自のやり方を試したい場合は、ご本人の責任下に於いて行なって頂き、

結果に関する責任は当方では一切負わないものとします事を予めご了承下さい。